宗像市にある教会

「教会って何?」と思う方にわかりやすい答えを説明します。

皆さんに度々訪れていただき、教会を導いて下さっているお方、私達の主イエスキリストの現実を発見していただくことが私達の希望です。イエスキリストこそ教会のすべてを表わしているすばらしいお方です。

教会って何?
「教会」は二重の意味があります。第一に、教会は神すなわち主・イエス・キリストを礼拝するために集まった人々の集団です。イエスは、「ふたりでも三人でも、私の名において集まる所には私もその中にいるのです。」と言われました。もう一つの意味は、たいていの人が知っているように、神を礼拝するための会合をもつ公の場所としての建物であることです。教会が初めてできたのは約2000年前、イエス・キリストが死から甦られた50日後のことでした。歴史によれば、教会は最初120人の集まりから出発し、日ごとに成長してきました。そして今もなおすばらしい割合で成長し、増え続け、広がっています。私達はその教会の一部なのです。

なぜ宗像に教会が?
イエスは、「全世界に出て行き、すべての造られた者に福音を宣べ伝えなさい。」と言われました。この福音とは、人々が日常生活の中で直面するすべての問題に対する答があるのだというよい知らせのことです。イエス・キリストその方こそがその答なのです。初期の教会の人々はあらゆる方面へ出かけて行って、このメッセージを宣べ伝えました。そしてイエス・キリストは彼らとともに働き、みことばに伴うしるしをもって、彼らが教えた言葉をたしかなものにされました。現在、私達はこの初期の教会の延長上にあって、行ってその癒しと救いと解放の力を宣べつたえなさいというイエスの言葉に従っています。だから、今日私達は、神の礼拝のために集まる時、イエスの現実性と存在と力を経験するのです。 教会ですることは何?
当教会の礼拝では、歌や聖歌を歌い、お互いのため宗像の人々のために祈り、イエスが私達の日常生活の中で私達のために何をして下さっているかを証し(話し)、神の言葉である聖書からいかに勝利者らしく生きるかを教えられるのです。私達の礼拝の表現は聖書中の初期の教会が行ったように行います。手を打ち、歌い、「アーメン」「ハレルヤ」と言い、声を出して祈り、お互いの新睦をはかります。そしてそうです、神が教会に教え導いて下さる声を聞くのです。

教会は私達の地域にどんな良い影響があるのか?
地域に教会がなければ、真実の生きた神、主・イエス・キリストの知識が得られません。教会は、途方に暮れた人、病気の人、束縛された人々を闇から安全な港へ導く燈台の役目をします。悪魔は不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを見えなくしているのです。しかし神は、教会を指示し、出かけて行ったあらゆる国、都市、村、近隣に教えるように司令を与えています。その内容は、イエス・キリストは生きておられるということ、イエス・キリストはイエスを呼び求めるすべての人々を癒し、救い、解放されるということです。このことが、地域における教会の良い点です。

何と良い知らせではありませんか?